2005年03月13日

聴くことの効用

kaigo1

先日、患者さんの家族の方を泣かせてしまいました!

といっても、私が家族の方のお話しを聴いていただけなのです。


話をしっかりと聴いてもらえると何がいいのでしょう?

1.「自分はこの人に受け止められている」という安心感が生まれます。

2.しっかりと聴かれた体験は、「自分の話は価値がある」という自信になります。

3.その自信が、「自分には存在感がある」という自信になります。

4.話をすることで、自分の中にあった不透明な部分が整理され、
  自分が何を感じているのか、思っているのかがはっきりします。

5.話が引き出される中で、新しいアイデアがひらめいたり、
  バラバラになったイメージが統合されていきます。

6.感情を表現することで、カタルシス効果(内面の浄化作用)があり、気持ちが軽くなります。

7.話を聞いてもらえた人は、相手の話を聞くことができます。

カウンセラーのコーチング術』(PHP研究所)より


私、医療福祉従事者は、業務の忙しさにまかせて、
ついつい話を最後まで聴かずに、結論を急いでしまいがちです。

患者さんの家族の方にとっては、今後の生活、患者さんの将来など不安でいっぱいのはず。
相手のペースに合わせて最後まで聴くことができれば…それだけでもOKですよね。

家庭、友達付き合いでも同じこと!
話を聴くだけで、たくさんの効用があるのですね。
Posted by lymansagyou at 20:55
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog