2005年03月17日

リハビリは観察力

イメージ  今までのリハビリという概念の中には、  

  『高齢者』という存在は軽く見られていたのではと思います。

  そもそもリハビリの成り立ちからして『若い人』が対象でしたから。

  だからどうしても「できるorできない」で見てしまうんです。

このことについては、作業療法士も理学療法士も反省しています。
「病院の訓練室だけで高齢者のすべては見れない」 「普段の生活から見ていかなければ」と。
ですが、私のように病院で働くスタッフ…病院にいる間に普段の生活を見るには?

作業療法や理学療法などの日課が何もないときに病棟に行ってみます。
そこで何をしているのかを観察。それが家に帰ってからのだいたいの生活です。


訓練室では素直に、一生懸命汗を流して自主トレしている通称『リハビリじいさん』(笑)
だけど日曜祭日など訓練のない日には、ベッドで横になってテレビを見ている…
おそらくこのような方は、「家に帰ったら何もしないで寝てるんだろうなぁ」と。

訓練室でのリハビリに誘っても、「うるさいね!今用事があるんだから!!」と、
ぜんぜんリハビリに来てくれない通称『ガミガミばばぁ』(汗)
だけど休みの日でも、ベッドはもぬけのカラ!向かいの部屋で他の患者さんとおしゃべり。
おそらくこのような方は、「家に帰っても近所で井戸端会議。寝たきりにはならないだろうなぁ」と。

ある意味、訓練での評価とまるっきり正反対になりますよね。
スタッフなど命令する人がいなくて、どんなふうに日常生活で動いてるのかを見る力が、
重要な日常生活の評価につながりますね。
Posted by lymansagyou at 23:29
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog