2005年04月12日

院長を動かす方法

歩道   先日、病院内に遊歩道ができました。

   今までは病院前のロータリー周辺を散歩する程度でした。

   これじゃぁちょっとね・・・つまらない。

   車も走ってて危ないですし。

リハビリで外に散歩する機会が増え、患者さんの安全を確保する上でも、必要に迫られての遊歩道建設です。    


今回の遊歩道ができるまでの過程で印象的だったこと…
日常的に散歩を行っていた結果、病院もそれに気付いて建設に動いたということ

スタッフは遊歩道ができてから、外へ患者さんを連れて出たのではありません。
先に散歩で外に連れて出ていたから、あとから遊歩道ができたんです。

まず患者さんが散歩をしながら自然に触れるといった“社会的な活動”を回復することによって、
患者さん自身がいきいきしてきます。そうするとスタッフや家族がその変化に気づいて、
病院もスタッフなどから挙がる不都合な点に関してやっと重い腰を上げる…こんな順序でした。


私の病院では、2年後に地域の総合リハビリテーション病院にしようという動きがあります。
「まず設備を揃えて、システムもできて、それからいい仕事をしましょう!」など院長が言ってます。
ちょっとカッコつけ過ぎじゃなーい?遊歩道の一つもできていなかったのに…順序が逆のような???

患者さんをいきいきさせる取り組み→後から制度が変わってくる

一人一人の患者さんの目がどう輝いていくかを追っていくことが、
実は制度や組織を変えていく、最も近道だと感じます。病院や施設ではとくに…

そんな現場で働く私は、毎日“闘う作業療法士”です(笑)
Posted by lymansagyou at 21:35
この記事へのトラックバック
  ☆ 花粉症お見舞い申し上げます☆     『如何なることも物事を肯定的に考える』   一日を熱っぽく過ごすこともあると   思われます。   張りきり過ぎて体調を崩さないよう   どうぞ、ご自愛下さいませ。              
骨粗鬆症と医療費削減♪【健康図書館〜医療相談窓口〜】at 2005年04月13日 04:38
「売れる本が書ける!」セミナーの流れを受けて、今回は第4段をお届けします。 その
魅力的なキャラを作り出そう【ダントツ・ビジネスマン養成実践塾】at 2005年04月13日 08:01
よく中小企業の利点は、「小回りがきく」「機動力がある」「フットワークが軽い」・・・などと表現されている。 へぇ、正直よくわかりません〜て感じでした。 中小企業どころか、いわゆる普通の『企業』に就職したことないですから、私。 世の言う就職活動もしたこと、あり
小さな会社の利点【自営業の妻、子育てしながら...。】at 2005年04月13日 17:20
前回までで、ブログの使い方を見てみました。 でも、ブログをせっかく書いても、見てもらわなくては しょうがありませんよね。今回は、どうやったら見てもらえる のかについて、簡単に考えていきましょう。
ブログでブログ入門(11回目)【成功起業家をたくさん産み出そう!】at 2005年04月13日 23:06
何回も『ノルウェイの森』を読んでいるのに。突然、後ろ髪を引かれる箇所が出てくるのは、とても不思議。今回は突然、いしだあゆみさんに興味が出てきたのだ。。きっかけは、金さるの別ブログで、『ノルウェイの森』の舞台の頃に走っていた都電の特集記事を書いてから……...
『ノルウェイの森」を読んで、なぜかいしだあゆみが気になるこの頃【ノルウェイの森と金の猿〜漁師と文学ヴァージョン〜】at 2005年04月13日 23:58
加速成功実践塾まもなく開催!!4月29日30日 新刊ラッシュ!! 幸せに愛される美人の秘密− 夢もお金も手に入る、 新しい自分の作り方  下記をクリック!!いますぐ購入!! 幸せに愛される美人の秘密―夢もお金も手に入る、新しい自分の作り方
奥歯が割れた。【内村篤史の成功.com             奇跡の実践成功 一億円!!】at 2005年04月14日 05:44
経済的・身体的・精神的自由への加速成功」をみなさんも実践経験して 行きましょう。 成功したい!美しい肉体を手に入れたい!自分に自信がほしい!   そこのあなた! 大丈夫です。お任せください !    投票ボタン!→ブログランキングに参加し
「水溶性食物繊維ってなに?」実践編【「あなたの人生のツボ押します」〜自由への加速成功〜】at 2005年04月14日 11:52
この記事へのコメント
いつも気になる挿絵です。
Posted by 片桐 宣幸 at 2005年04月12日 22:51
いよいよ、10位以内、秒読みに入りましたね。

それにしても、病院という大きな組織で、上の人間を動かすのは、本当に大変だと思います。

”闘う作業療法士” コレ、いいキャッチフレーズです。

職場で使ってるんですか?
Posted by 皆川 at 2005年04月13日 00:29
どんな分野でも似てるな〜と思いました。
例えば、IT系新規ビジネス。

採算取れるの?マーケティングは?

上司はこう言います。
わかってます。
重要なのはすごくわかっています。

でも今すぐにでもやらないと誰かにやられてしまう〜。
そんなときだってあるのです。

たまには「とりあえずやってみよう」という発想だって
大事だよなあ、とか思います。
基本的に、最近幅を利かせているITベンチャーの社長。
勢いでがむしゃらにやってきた人も多いんじゃないか?

それなりに大きな組織に属していると、なかなか軽い
フットワークは難しいですよね〜。
お互い頑張りましょう!
Posted by funnu at 2005年04月13日 02:27
現場で働く人の意見って大事ですよねえ。

現場にいる人間にしか分からないこと、
上にいる人間にしか分からないこと。

それが上手くリンクできたら最高なんですけどねえ。
Posted by 硬派なワシ at 2005年04月13日 07:43
現場から変える、後から制度を変えるというのはホントにそう思います。
形を整える方法もあるけど、中味が伴わないで、先にお金を使うと失敗するケースが多いので。
Posted by 福祉法務カフェの高木誠司 at 2005年04月13日 08:24
コメントありがとうございます。
ベスト10入りおめでとうございます。

私はガイドヘルパーの経験がありますが、
駅のような公共的な場所ですら
まだ現場の意見が通っていないのか、
不便な箇所が多かったと覚えています。

車椅子を押す側、
車椅子に乗る側にいると、
まだまだ不便な所が多いです。

そういう人の意見をもっと取り上げてほしいものですね。
Posted by 長崎 at 2005年04月14日 01:44
ついに10位以内に入りましたね!
おめでとうございます。
Posted by hirano at 2005年04月14日 08:42
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog