2005年04月20日

笑いは薬

笑い   今日は寝坊してギリギリ仕事に間に合いました(汗)

   雨も降っていましたし、なんとなくまったりモード。

   普段よくしゃべる患者さんもなぜだか静かだし…

   「これでは いかん!!」無理矢理でも笑わせるのが私の役目です。

・・・のはずでしたが、ギャグは気持ちいいくらいにスベりまくり(悲)
周りにいたスタッフからも助けてもらえず、穴があったら入りたかったです。サービス業はつらいよ!

まぁ昔から「笑う門には福来たる」って言いますよね。
「笑い」は自分の気持ちを癒すし、周りの人たちを和ませてくれます。
今日の私は空振りでしたが…


「笑うこと」の効用 

1.脳を刺激する
   笑って顔の筋肉が動くと脳が刺激されます。
   この刺激で海馬への血流量が増加し、痴呆予防につながります。
2.免疫力を高める
   細菌やウイルス、がん細胞を処理してくれるナチュラルキラー細胞。
   これが活性化し、増加して免疫力が高くなります。
3.痛みをおさえる
   気分を高揚する作用があり、「脳内麻薬」といわれるβエンドルフィンが増えます。      
4.ストレスを解消させる
   顔の筋肉を動かすと、副交感神経のはたらきが活発になります。
   副交感神経はからだを休息状態にする作用があります。
5.自律神経のはたらきがよくなる
   交感神経と副交感神経がバランスよくはたらくようになります。
6.人間関係がよくなる
   人間関係の潤滑油にもなるので、まわりとの関係がよくなります。
7.細胞や血管を若々しくする
   笑っているとき呼吸は止まり、そのあと深呼吸をすることが多いです。
   その呼吸が肺の血管を広げて血圧を下げたり、細胞のはたらきをよくして、
   動脈硬化などの血管障害を予防します。

新しい介護(講談社)より


忙しい毎日を送っていると笑いを忘れてしまい、ストレスばかりが溜まってしまいます。
まずはスタッフが笑顔になることで、患者さんにも楽しい感情が生まれてくれば、
その日のリハビリはすでに成功といっても過言ではありません!
ましてや人間の体に良い影響があるなら、なるべく笑って過ごしたいものですよね。
Posted by lymansagyou at 20:15
この記事へのトラックバック
今日は齋藤孝さんの著作から、文章の書き方についてご紹介。自分のオリジナリティを出すために……自分が書きやすい立ち位置を見つけることが、必要なんだそうです。立ち位置の具体例として、 ・作家気分で書いてみる ・新聞記者になったつもりで書いてみる   などな...
ブログがスイスイ書けるような……自然とオリジナルの文体が身に...【ノルウェイの森と金の猿〜漁師と文学ヴァージョン〜】at 2005年04月20日 21:22
どうもセキュリティ関係の話はあんまり評判よくなかったようですので、今回からは別の
試聴室訪問しました。【ダントツ・ビジネスマン養成実践塾】at 2005年04月21日 09:15
なんか、今日のネタは怖いぞ♪よいこのみんなは、きをつけてみてね……な〜んてね(^^♪そうそう、サブリミナルって聞いたことあるよね。むかしむかしのメリケン国。映画館のCMで「コーラを飲め」とがコーラの画像を、瞬間的に何度も入れる。     これはドクター…...
サブリミナル効果を利用したブログ……できないもんっすかね【ノルウェイの森と金の猿〜漁師と文学ヴァージョン〜】at 2005年04月21日 23:11
◎ニッチ度指数:★★★☆☆ 今日のテーマは"マスク" のちょっといい話についてです。 マスクと聞いてまず何を思い浮かべるだろう? 今は季節柄、『花粉症なんですぅ』という花粉症対策のマスクだったり『いやぁ、風邪ひいちゃって』のような風邪対策だったりが一般
マスクは心と体を守る【徒然妄想通信社[Blog版]】at 2005年04月22日 07:30
今日は休日。 ですが、僕の担当する利用者の方の旦那さんから、奥さんと二人で、お花見に行きたい。という要望がでていたので、休日出勤し、お花見の付き添いをしてきました。 このご夫婦は、奥様が、うちの施設利用になるまでは、二人で暮していました。 現在は、旦...
花日和。【花咲く朝】at 2005年04月23日 15:43
原文 クルーズ会社「Ocean Village」が18歳以上のイギリス成人1,0...
笑う時間が1/3になったイギリス人【うつ病ドリル】at 2005年05月26日 21:44
この記事へのコメント
笑わせる

って意外と難しいですよね。

欧米みたいに”ジョーク”の観念がないので、

僕は”オヤジギャグ”を乱射しています!
Posted by ふじもと at 2005年04月20日 20:29
こんばんは!いつもご訪問ありがとうございます!
笑い。そうですね!私も意識してます♪その場の雰囲気が和むし、よい空気が流れる気がしますから!
怪我にも負けず?、がんばります!
Posted by もちもちもちっと at 2005年04月20日 23:04
介護の本にそういうことが載っているんですね。
笑いを研究した本に載っているのはいくつも見たんですけど。
そうか、ちゃんと評価されているんですね。
Posted by 健探人 at 2005年04月21日 09:11
”笑いは薬”
ほんと、そうですよね。
生活の場で、そこに居る人達に、笑顔で過ごしてもらいたい。といつも思っているのに、忙しさのせいにして、そういった事、忘れてしまいます。

グループホームは、一人一人と密接に関わっていける場所のはずなのに。

初心に戻れる記事でした。

いろいろな事情があって、僕と出会った、福祉サービスを必要とする方々が、毎日の生活を楽しみながら日々を過ごしていけたら。と思い働いています。
Posted by とも at 2005年04月21日 20:22
笑いって大切ですよね。

実は私の仕事もトオルさんに似た(?)サービス業。ちょっと想像つかないかも。

笑う事によって仕事相手と自分双方にプラスになる部分も多いと思います。

私は大怪我をしてリハビリ中ですが、「笑い」は怪我にも多大な効果ありかな?
Posted by kitaguni at 2005年04月21日 21:29
笑いって重要ですよね。
私は大学生のときから、よくわらってます。
なぜならば、まさに"会話の潤滑油"だからです。
「さむーい」とか言って白けている方が、
よっぽど寒い。。。
とか思うのは、私だけでしょうか。
#ま、救えないギャグもありますけどね…。
Posted by funnu at 2005年04月22日 01:32
医療は一種のサービス業とは思いますが
感謝される度合いが違いますよね。
昔、サービス業で散々働いていたのですが、
人間の欲深さにかなり疲れました。
医療の現場では、人間の欲深さにあまり関わりたくないと思いますが
実際の現場でも、家庭環境など多分いろんなことがあるのでしょうね。
おそらく、キレイ事ですまされないんだろうなぁ…。
Posted by bell-tree at 2005年04月24日 01:22
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog