2005年04月24日

若い療法士はダメ?

OTR    4月1日より朝日新聞から日経新聞に変えました。

    株式投資をしているので、勉強してみようかと…

    でも日経新聞って、医療・福祉面が充実しているんですね。

    意外でした。

日経新聞を読んでいたら、私と似たような境遇の作業療法士の記事が出ていました。
ですが、「うーん?」と考えながら読み込んでしまいました。ちょっと紹介させていただきます。


●●病院 作業療法士 ○○さん(33)

原点は、故郷での母のみとりだったのかもしれない。
小さな病院でなす術もなく逝き、父が一人残された。
○○が大学を出て、土木設計会社に就職した翌年のことだった。
このときの病院の風景が、やがて○○を医療の世界に導く。

2年後に退職して専門学校に入り、
3年前、作業療法士としてリハビリ医療の一線に立った。

「障害の程度や症状は個人差が大きく、パターンにはまらない。
変化に応じてリハビリのプログラムを練り直す仕事は、
設計書の流れに沿ってパターンに当てはめていく設計の仕事とは対極の世界だった」

ただ、エンジニアの合理的思考は、現在のリハビリに求められる
「患者に必要以上の時間や苦労を強いない」取り組みに生きた。

「回り道」は、もう一つの力を○○に与えた。
家族を抱え家計の苦しさに耐えながら闘病する中年男性、
不安に押しつぶされそうになりながら患者を支える妻……。
心の機敏に触れる相談に乗れるのは、「子どもが生まれたばかりの時に転職を決め、
専門学校に通う3年間を妻に支えてもらった時期があったから」だ。

高齢化社会をにらんでリハビリ専門職の養成が急ピッチで進み、
どこの施設も実務や社会経験の浅い若いスタッフが多い・・・

回り道が育てた現場力(日本経済新聞 一部改編)より


この記事を読んでの私の感想…「ずいぶんな美談だなぁ」「若いスタッフってそんなに悪いかなぁ?」

私もいわゆる「回り道」組です。サラリーマンやってから養成校入って作業療法士になりました。
だからそれなりに社会経験があるのは当たり前。逆に30歳過ぎて何もないほうがイタい。
けっこう考えが凝り固まっているかもしれないし…
そもそも18歳のときの私は、作業療法士なんて仕事があることすら知りませんでした(汗)

18歳の時点で作業療法士を志して養成校に入ってくる人たち…
私からすれば、「こんな若いのによくこんな仕事知ってますねぇ」・・・そりゃもう尊敬のまなざしです。
社会経験? これから付けていけばいいじゃないですか! 自分もその頃はそうだったんだろうし。

「回り道」or「ストレート」? どちらがいいのかは私にはわかりません。
よくまわりの人から相談を受けることがあります。
「これから作業療法士・理学療法士の学校に行きたいんだけど…」と。
私自身、経験したがゆえ、かえってアドバイスしづらいのが正直なところです。すいません(汗)

志したその時…それが絶好のタイミング!
Posted by lymansagyou at 20:15
この記事へのトラックバック
ブログを始めてから初めて5日間も お休みしてしまいました。 待っていて下さった方、すみませんでした!!   新しい情報を待って下さっていた皆様お待たせしました。 今日から健康情報再開します♪   髪も切ってリフレッシュしました。 前髪を久々に作っ
ビタミンEは癌に効く?【健康図書館〜医療相談窓口〜】at 2005年04月24日 23:51
超素粒子が彗星の接近によって太陽から地球に降り注ぐ・・・。 このエネルギーが解放する時、地震発生、気象変化、交通事故、飛行機事故、自殺、事件・・・人々の活動に影響するらしい・・・。「非科学的」かもしれないが、古代から太陽・月・空を仰いで暮らしてきた先
脱線!地震!天災!人災!は空からやってくる・・・。【○生きてるだけで丸儲け本舗○】at 2005年04月25日 18:21
さて、それでは集客したとしても、それだけで収益を得ることはできませんよね。どういった形で、「ビジネス」に繋げていくのでしょうか。大きく分けると、下記のようになるでしょうか。
ブログでビジネスの始め方(3)(ブログでお客さま候補を囲い込む1)【成功起業家をたくさん産み出そう!】at 2005年04月25日 22:17
この記事へのコメント
クロ子なんかは特に童顔でへたすると高校生や19−20歳に普通に見られる・・仕事の時だけ少し老け顔になりたいと思う。現にクロ子が例えば骨折したりして診て欲しいと思うのも経験あるセラピスト・・経験があると思われる若い人よりは年いった人かな??セラピストを選べないなら文句の一つや二つ言いそうです。
徐々に選ばれる時代:プロ野球の年俸制みたいになるのだろう、指名制になるかも??と思いますが
その時代に備え、若くてもデキる療法士になりたいですけどねーw
病院や施設での指名ナンバーワン療法士!!ww顔写真も何だか豪華☆
少し想像すると下のほうに自分の名前があるのを考えると恐ろしいですが
認定作業療法士ができているくらいだからそれも看板にして・・と考えるとそう遠い未来ではないような気がします。
レスの内容とは少し異なりますが、またこういう内容もとりあげてみてくださぃねー♪

Posted by クロ子 at 2005年04月24日 21:27
「志したその時…それが絶好のタイミング」
ホントその言葉どおりですよね。

でも、正直、今の学校行くのに1年以上悩みました。
悩んだ分だけ、決意は固いですけどね!!
Posted by bell-tree at 2005年04月24日 21:40
☆セラピストは十人十色なので、安易な決めつけはできないというところでしょうか。
* 直線コースの若年セラピストの良いところは
1)雇用側は、社会経験組よりも安いコストで現場での経歴を積んだセラピストを雇える。
2)早くから目的意識がはっきりしている上、柔軟さがあり日々の成長が著しい。社会経験が少ない分、感受性豊かで、ひたむきな姿勢が感じられる。

*逆に社会経験組の困った場合(あくまでも、いろんな人がいるという前提で)
1)転職組でも、せっかくセラピストになっても短期で辞めてしまい、その後も職を転々とする者もいることは事実。
2)ごく一部の主婦からの挑戦組では、配偶者によって生活基盤が保証されているせいか、お小遣い稼ぎ感覚で職につき、あまり真剣さや向上心がないと感じさせられる者もいる?
(もちろん、優秀なセラピストの方が多いですよ!)

Posted by 柚季子 at 2005年04月24日 23:14
はじめまして。トンキさんの所から飛んできました〜♪この前葉書が届いて晴れてOTRになりました。時々ここを覘かせてもらってます。

私自身は、ストレートでここまできちゃった方の人間です。
人間として甘いな〜って日々思いながらOTしてます。
患者さんには申し訳ないと思うことが多いけど、次の患者さんには反省を生かして接しているつもりですが…。まだまだ難しいことの方が多いですね。


私が患者だったら…
かっこいい男の子なら若くてもいいかな〜( ´艸`)
Posted by ぽろり at 2005年04月24日 23:19
回り道とのことですが、私も正直回り道派です。
大学院まで建築を専攻し、就職したのは建築設計部のあるIT企業。
最初は建築とITの融合を目指していたのですが、現実はなかなか。。。
IT側から建築を目指すよりも、建築からITを引っ張ってくる方が
自分には合っている気がして、辞める辞めないの末、建築設計部に
異動。
建築設計部に来たら来たで、福祉をやりなさいということでしたので、
もうちょっと突っ込んで勉強してみようかなあと思い、今に至ります。
プログラムを作っていた時代も無駄ではなかったと思います。
IT技術について、その辺の建築屋さんよりも敏感ですからね、多分。
最初からその道で頑張るのもいいし、回り道をしたらしたで、また最初
からの人とは違った感性を持つことができるので、どちらでもいいのか
なと思いますね。
Posted by funnu at 2005年04月25日 00:14
僕も回り道派ですが、事務方としては変化の激しい時代だから回り道派の方が適応しやすい気がしています。

しかし、僕みたいに客観視しすぎてドロップアウトしてしまうと組織のためにはならないので、生え抜き、その道一筋など組織には様々なタイプが必要です。そして転職組も活かしきる組織こそ活性化する組織だと思います。

逆にドロップアウトしてしまった今では、最初の回り道がなかったら今の僕はないと思えます。
Posted by 福祉法務カフェの高木誠司 at 2005年04月25日 06:00
私はクロ子さんと逆で老け顔のようで、新卒ぴちぴちで就職した最初の職場では、病棟では「ベテランOTが引き抜かれてきた」と噂され、最初からとても仕事がやりやすかったです。(新卒とは思えない落ち着きと態度のでかさだったと後で驚かれた)
ストレートでも回り道でも要はOTになってからの姿勢だと思いますが、私の個人的意見としては同じ職場にず〜っといて井の中のかわずになるよりは、何箇所か転職組(転職っていってもOTとして職域を代える)のほうが、幅の広いOTが多いと思います。
Posted by 自営業の妻tuyumame at 2005年04月25日 10:30
つたないブログへコメントありがとうございます。

いつも読ませていただいてます。

「回り道」「ストレート」ってそんなに重要でしょうか?その仕事に対する考え方一つで変わってくるのではないでしょうか。
経験という点では、「回り道」のほうが豊富という事にはなるでしょうけれど、だからといって「ストレート」が無知かといえばそうともいい切れず、「回り道」が博識かといえばそうとも言い切れない・・・。

その人の考え方一つではないでしょうか。どこに”プライド”をもつか、っていうところにかかってくるんではないでしょうか?
Posted by kitaguni at 2005年04月25日 22:04
再びお邪魔します。

大規模な鉄道事故が起こってしまいました。
「運転手は23歳、経験がわずか11か月」といった事をしきりに報道されています。

万が一、「療法士」が何らかのトラブルを起こしてしまっても同じように言われるのでしょうね。
Posted by 柚季子 at 2005年04月26日 00:14
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog