2005年05月12日

ボウリング過用症候群

ボウリング   ボウリングのやり過ぎで右手の指が思うように動きません。

   ここ2週間、連日の投げ込みにより、震えが止まりません。   

   今、この記事はほぼ左手のみで書いています。

   自己管理の甘さに我ながらあきれてしまいます(´-`)


実は来週16日に院内ボウリング大会があるんです。その練習で毎日ボウリング場に通っています。
「たかが病院のボウリング大会くらいで熱くなってもしょうがないじゃん!」と言われそうですが、
熱しやすく冷めやすい(!?)私は、一度食いついたら納得いくまでボウリングに熱中です。

昨年の大会では、参加70人中第3位。今年は優勝めざして投球フォームの調整に万全を期して臨もうと…
人一倍、負けず嫌いの性格なもので(^^) しかし本番4日前にしてこんなありさまに。

ナチュラルフックのボールを投げるために親指をボールに引っ掛け過ぎて、親指(母指)の筋肉がひきつれを起こしました。
右手でマウスを持つ構えを取るとプルプルして、それに連動して人差し指や中指でいろんな箇所をクリックしてしまいます。
エログなんぞを見に行こうものなら、自らワンクリック詐欺に会いにいくようなものです。気を付けないと(汗)


普段リハビリの仕事では患者さんに、「無理は禁物ですよ!」なんて言ってる張本人がこれですから…
職業人の意識をしっかりもたなぁいけませんね。足元をすくわれた心中です。反省、反省・・・

<追記> 予定でした『床ずれ』の記事…次回掲載いたします。どうぞお楽しみに!。
Posted by lymansagyou at 23:53
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog