2005年05月17日

座ってナンボ

座る   『床ずれは病院の恥』の続きです。

   脳卒中片麻痺など動ける患者さんが床ずれのある状態で入院してきたら?

   「寝ているときに起こるから床ずれなんだよなぁ」

   「でもどうして私たちは床ずれにならないんだろう?」

   「それは普通に起きる生活をしているからかなぁ」
   「じゃぁ“普通に起きる生活”ってなんだろう?」

“起きる”といっても、ベッドをギャッジアップするのは起きたうちには入りません。
これでは寝ている延長にしか過ぎません。“普通に起きる”だから座るということです。
足を垂らして床に接地して、前かがみで座るんです。頭がお尻よりも前にくる必要があります。

今日のイラスト…介助されてベッドに座っていますが、足が床に接地していません。
足が宙ぶらりんだと、バランスをとるのはとても難しく、とてもじゃないですが座ってられません。
このイラストだといまいち。寝たきりの状態よりはぜんぜん良いんですが…


なぜ座ると床ずれになりにくいか? 例えば床ずれ好発部位の仙骨部の床ずれ。
あお向けで寝ているときに仙骨部に掛かる力は、全体重の約40%。
床ずれは寝たきり(寝かせきり)などで体動が極端に少なく、仙骨に掛かる圧力が一点集中するために、
血流が不十分になり、しだいに皮膚や筋肉が崩れていくんです。

それが座ることでどう変わるか? 前かがみに座ると、体重支持をする場所が坐骨結節に変わります。
坐骨結節とはお尻を触ったときに感じられるとがった所です。そこに体重が掛かります。

でもここで感じる疑問…「坐骨結節に圧力が集中した場合は床ずれにならないの?」
そうですよね、不思議ですよね。実は坐骨結節にはとても厚い軟部組織があります。
これは何を意味するのかというと、軟部組織…要は脂肪や筋肉がたくさん付いているので、
少々圧迫されたところでは、発赤や血行を止めてしまうことはないんです。

でも高齢者のお尻はやせていて薄い印象がありますよね。脂肪や筋肉も確かに少ないかもしれません。
それでも坐骨結節に床ずれを起こすことはまず考えられません。
なぜなら坐骨結節周囲は血管が内側からも出入りしています。直接的に阻血する可能性は少ないんです。
ちなみに床ずれの好発部位の仙骨部や大転子部の血管は内側ではなく、周りからのみの出入りです。

ということで、坐骨結節は構造的に床ずれになりにくい!
頭・上肢・体幹・骨盤…全体重の7〜8割を支える坐骨結節はエラいですよね。


ですが脊髄損傷などで両下肢に麻痺がある人は、たとえ坐骨結節でも床ずれのリスクがあります。
それは左右にある坐骨結節のどちらか一方に全体重の7〜8割の負荷が掛かり続けるからです。
私たちは普段、坐骨結節の左右交互に負荷の位置変換を自然に行っているんですが、
両下肢に麻痺があるとその動きをとることが困難になるからです。
ですから床ずれができないように、プッシュアップをしたり、分圧のためのクッションなどの環境調整が必要です。

ベッド内で動けるんであれば、高齢者の床ずれ対策は日中は座る生活を!
ちょっとの労働力…それを惜しむと、後でツラい仕打ちが待っているかも(笑)

<追記>昨日行われた院内ボウリング大会の報告です(誰も関心はない!?)
      参加70人中、30位でした(惨敗。ですがキリ番賞で三千円商品券はゲットしましたよ)
      練習のやり過ぎで投球フォームが明らかにおかしくなりました。
      来年までボウリング場には行かない予定です(汗)
Posted by lymansagyou at 22:59
この記事へのトラックバック
人気ブログランキング。 ここをクリック!! 今日も応援よろしくお願いいたします。 金持ち父さんは実の父さんじゃない。 金持ち父さん貧乏父さん ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんは 有名ですよね。 読みましたか? そ
金持ち父さんは実の父さんじゃない。【内村篤史の成功.com             奇跡の実践成功術】at 2005年05月18日 05:38
11時に眠って、2時頃目覚めてしまいました。明日は仕事なのに・・・ そんなわけで、仕方なく(?)パソコンの前に座ってみました。 わたしが、リハビリ系のブログで師として勝手にあおがせていただいている「リハビリは創造力!」 から、なるほど!と思う記事をみつけま...
やっぱり、離床が大事なんですね!【高次脳機能障害気味新人OTの業務日誌☆】at 2005年08月22日 03:45
この記事へのコメント
今日のは(いつもおもしろいですけどね♪)勉強になりました。ありがとうございます。
解剖学大事ですよね。私は。運動・解剖・生理がとことん弱かったので、その辺り今後べんきょうしていかないと…ですね。

一つ、最近沸いた疑問。
急性期のOTが思うようなことを、慢性期のPTも思うんでしょうかね?PTの人には怖くて聞けないですが。
Posted by ぽろり at 2005年05月18日 00:28
ボウリングもう10年はやってませんが、10年前はボウリングやったあとは極端な筋肉痛で仕事に支障をきたすほどでした。

ただただ筋肉の衰えを既に10年前に達観した思い出があります。
Posted by 高木 誠司 at 2005年05月18日 02:07
毎度毎度勉強になります。
基本的に自分の専門外の知識ですから、全部新鮮!
クリックさせていただきました。
今回自分のblogで書いた、ハンディネットワークインターナショナルという会社。
自動寝返り機能付ベッドを開発したりしているようです。
いろいろありますね。
Posted by funnu at 2005年05月18日 02:20
はじめまして。
北海道のOTの学生やっています。

ヤフーで検索かけたらひっかかったものでお邪魔させていただきました。
なんだかとてもためになるページで・・・
これから拝見させていただきます!
Posted by さおり at 2005年05月18日 12:24
ごぶさたで〜す。久々の書き込みです。
ボーリング、残念でしたねえ。それでもすごい!
私もこの間、久々にバトミントンやって、昔、バイクでじん帯・半月版損傷したところが痛み出しました。周りの筋肉が弱いみたいです。、かなり腫れましたが今は大分よくなりました。
Posted by カッタ。 at 2005年05月19日 01:54
話題のリハビリ本
検索する:  
●今月のおすすめ●





●作業療法●








ブログdeアフィリエイト
livedoor Blog